« 来た年。 | Main | 本質を問う。 »

January 07, 2012

情報システムはときにトラブルものである・・

勤務先の図書館にはなかった資料を求め、久々に国立国会図書館へ!
看板から入口から、何か不穏な動き(人とか、館員の方とか・・・)。

その時、貼り紙が目に入った。

緊急のお知らせ。   (2012.01.07)
現在NDL-OPACに障害が発生しており、利用できません。ご迷惑をおかけいたしますが、復旧まで今しばらくお待ちください。なお、国立国会図書館サーチは利用可能ですので、こちらをお使い下さい。

えええ~っ?

検索はできるけれども、国会図書館内用の検索しかダメ。OPACとつながらないので、国会図書館サーチ(要は国会図書館内の検索システム?)からOPACに連携できず、詳細検索等ができない・・・OPAC端末も使えない・・ということらしい。

そのような説明を受けたが、結局入館登録の時点から手作業。紙に名前や住所等を書いて、それと交換で図書館内端末用カードをもらい・・・という感じ。
幸い、ワタシは、見たい資料が明確で、メモっていったのでそれをダイレクトに出してもらったけど・・・。雑誌の号数とかがわからなかったら、近い年の号を何冊か出してもらって探せ、と館員さんは言っていた。大変だよそれは。

本当にメモっていってよかった!
それでも雑誌が出てくるのに50分くらい。複写はなぜか早くて15分程度の待ち時間。
本館3階の喫茶店でピザトーストを食べて、「こりゃまた、珍しい日に来ちゃったなあ」と一人時間をつぶした。
思い出すのは、新入社員として勤務した会社でのこと。思い出はほとんとシステムトラブルを対応した時のことばかり(笑)。あのときは泣きそうだったこともあるが(だって、社員の人たち、電話口で怒るんだもーん)、今となっては、笑える思い出はシステムトラブルのときのことばかりだ。課員の少ない日陰の部署のメンバーと、変わった人の多い協力会社のメンバーみんなで一致団結!したのは本当にいい思い出。
なんてことを考えながら資料を待っていた。

でも、資料が出てくるまでとか、複写に時間がかかるのは、システムトラブルがあろうが、ある程度折り込み済みだった。驚いたのは、「資料返却」に超!時間がかかったこと。
雑誌関係の返却に、50人以上並ぶって・・・。これってシステムと関係あるんだろうか?

いや~、参った!

年明けで、しかも、システムバージョンアップしたばかりらしい。トラブルが最も起きやすい条件だし・・・。

いやいや、おもしろい体験をさせてもらった。

|

« 来た年。 | Main | 本質を問う。 »

Comments

大変でしたね。
私は区の図書館で紙芝居を借りるっていうのが最近の図書館がらみの生活です。

国会図書館てかっこいいいよね。うん・・・。

Posted by: おりがみ | January 17, 2012 at 11:23 AM

おりがみさん

国会図書館はすべて閉架なので、手にとって見れないのがおもしろくありません。
でも、AKBの写真集もあるでよ~

区立図書館が近所にないんですよ~。
合併で遠くに行ってしまったので。
小説とか絵本とか料理本とか借りたいんですけどねえ。

Posted by: lamb_labo | January 17, 2012 at 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/53680082

Listed below are links to weblogs that reference 情報システムはときにトラブルものである・・:

« 来た年。 | Main | 本質を問う。 »