« August 2011 | Main | October 2011 »

September 27, 2011

秋の4ムス。

猛暑のこの夏。
さすがの4ムス。たちもややバテ気味だったかな??(食欲は落ちず!)

秋になって、過ごしやすくなり、毛のモフモフ度が増してきて、パワーアップ!

0901

お姉に見られてるとも知らず。。。

0812

のびのび過ごす末っ子。コタ。

0823

0819

毎日必ず1回は追いかけっこをするものの、涼しくなれば団子で寝る。。。仲良し双子のダイ&ゆう。ゆうはパソコンなどデジタルグッズ近辺がお気に入りのポジション!

0828

いくつになっても女王様のちう姉。

3ムスメ。はそろそろ中年なんだから、冷えには気をつけないとね~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 25, 2011

老眼問題

10日くらい前はすんごく暑くて「残暑!残暑!!」と大騒ぎしていたのに、あっという間に秋の風・・・。特に夜の空気はとっても涼しい。そして、秋独特の空気のニオイ。

このニオイは、ちょうど学園祭の準備(今の学生じゃなくて、ワタシが大学生だった頃)の思い出がよみがえるニオイなんだよなあ。。

なんてことを考えつつ、夕食時の夫婦の話題は「老眼問題」。

乱視があるオットも、多少の近視(近視は社会人デビューだったが)のワタシ。
最近、近いものが見えにくい・・・。というか、なんとなくピントが合わない感じ。
そんな現象が、急速かつ顕著にわれら夫婦に襲ってきている、、、という話題。
オットは、細かい字が書いてある手紙を読むときに、「東国原元知事」みたいにメガネを下げて見ているという。

しかし。
20数年前は、学園祭の準備だなんだ・・・が話題の中心だった若者2人が、あっという間に、老眼の話しで盛り上がる熟年夫婦になっているとは。時の流れは残酷だ。
(いや、結構おもしろいけど)

次のボーナスは、2人そろって老眼鏡(というか、遠近両用?)購入かなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 24, 2011

「学ぶ意欲の心理学」

学ぶ意欲の心理学 (PHP新書)

市川伸一著

「自主性をもって学ぶ」とはどういうことなのか?
というテーマをもとに読んでいる本。

読み進めるごとに「なるほど」「なるほど~」という思いになり、とても分かりやすく書かれているの。
ただし、ワタシ自身の問題として、教育心理とか社会心理など心理学全般の基礎知識がないためにそこでどうしても「(ここに書かれていることのベースはどういうことなのかな?」とつまずいてしまうんだな~。

繰り返しじっくり読んでクリアしていきたい・・・そんな本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2011

もしもの時のために学ぶ

職場の防災研修に参加。
場所は、目黒区の「地震の学習館」。

座学だけの研修ではなく、いろいろ体験ができるということ、施設が相当立派そうなので中を見てみたいというヤジ馬根性もあり、参加。
残念ながら、所属部門の参加者は少なかったけど(同じ法人の4年制大学部門は教員だけで10数人参加していた)。

施設を周りながら、お話し上手のプロのインストラクター?の方の説明を聞く。

・大型地震の際はまず水が止まる。一番困るのはトイレ問題。風呂の残り湯は必ずとっておく。
・飲み水は、大人1人3リットルを最低3日分用意しておく。つまり、3人家族だったら、3×3×3=27リットルは常時確保しておく。
・昔は、「揺れたらまず火を消す!」だったが、今はガス等は自動に止まることがほとんどなので、まずは身の安全の確保。机の下にもぐるとか。
・情報は避難所に集まる。食糧をもらったり、被害状況などいろいろな情報を得たり、医療関係の情報を得るためにはまず避難所へ。
・携帯電話の緊急地震速報は、セットしているだけではダメ。鳴ったらどう行動すべきかを考えておく(だいたいみんな鳴ったら「どうしよう」と固まっているだけ)。
・屋外で大型地震にあったときは、安全な場所(建物など)に入るのが一番よい。知らないところにいる場合は難しいが、通勤路等いつもの道で、安全そうな建物(柱が多いなど)の目星をつけておく。
・とにかく室内の家具は倒れないように止めておく。阪神淡路大震災の時は、フォークすらとんできた。これは凶器になる!
・地震が発生し、避難所に行くなど長い間自宅をあけるときは、電気のブレーカーを落としてから行く。ブレーカーをあげっぱなしで電気が急に通ると、火事を引き起こす。

そして、丸い(ボクシングとかの)リングのような場所に乗って、揺れを体験。阪神淡路は地震の時間は短かったのに(40数秒?)、最初の十数秒で多くの方が亡くなったとか。
関東大震災の揺れも体験。地震の種類によって揺れの感じ方が違う。。。

煙の充満する中を通り抜ける訓練も。
しゃがんでドアを開けたり閉めたりしながら真っ暗な部屋を通り抜ける。これ、結構苦しかった。

消火訓練も。
スクリーンに燃えている映像が出るので、それに向けて放水!水がうまくあたれば「鎮火」、的が外れていたりしているまま消火作業を続けていると「初期消火失敗」の文字がスクリーンに・・・。ワタシのチームは「初期消火失敗」だったorz

そして、最後に救命関係の演習を。
意識がない(?)人への呼びかけ方とか、心臓マッサージのやり方と実演。そして、AEDの使い方の実演など。AEDは、基本、操作方法のアナウンスが流れるのだが、今回、一度触らせてもらってよかった。実際に操作することになるときはパニック状況だろうから、一度やったことがあるかないかで大きく違うだろう。

もりだくさんではあったが、いろいろ体験できて、また実際にお話しが聞けておもしろい研修だった。自宅での対策はもちろんのこと、学生の身を預かる職場としては、聞いておいてよかったと思える内容も多かったし。

他の自治体にもこのような施設はあるかもしれないが、目黒区のこの施設はかなり立派でオススメ。
喉元過ぎるとすぐに忘れてしまうけれど、心構えと物理的な準備はしっかりとしておかないと!
しかし、1人3リットル×家族人数×3日分の水は、狭いわが家のどこに保存しておけばいいのか・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 07, 2011

「海街diary1 蝉時雨のやむ頃」

鎌倉に生きるふつうの人々のお話し。
4姉妹もそれをとりまく人たちも。
みんないろいろな思いを抱えながら生きているんだよね。
そんなことをしみじみと思い、鎌倉の海と坂と山に吹く風を感じながら、なぜか東海道山陽新幹線の中で読破!

力餅食べたいっ。
しらすトースト食べたいっ。
ふわふわのアジフライ食べたいっ。
豊島屋本店にしか売っていないはとグッズほしいっ。

ちなみに、ワタシ個人的には、はっちゃけている次女と、四女すずの所属するサッカーチームの監督さん(本業は理学療法士)が好きかも♪

オトナが読んでこそ分かるコミック。オススメ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2011

初の広島上陸!

学会参加のため、広島へ・・・。
中国地方へは初めて行くかも。
(神戸は近畿地方でいいんだよな???)

初日に、宿泊先近くの平和記念公園へ。
初めて生の原爆ドームを見たり、資料館を見てまわったり。

Dsc02740

帰京後、オットに感想を聞かれ、
「うーーん。戦争はダメだ。原子爆弾なんて絶対にダメだ。戦争は今後絶対におこしてはならない!」と言うと、「・・・その感想、小学生かよ?」と苦笑された。。。

40歳を過ぎて、はじめて生で見た60年以上前にあった戦争の跡。
正直、ショックが大きかった。
もっと早く見て知っておくべきだったと思う。
でも、資料館をしっかり見てまわった後に感想を問われたら、上記の小学生みたいな感想しか出てこないよ。あまりにも残酷すぎて。

台風直撃を受けた珍道中。
ネタや写真はたくさんあるので、鋭意エントリいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2011 | Main | October 2011 »