« 黒めがね | Main | 「まいごのしろくま」 »

October 31, 2010

「タイタンの戦い」

恒例、休日前日に開催される深夜の映画鑑賞会。。。
今回のタイトルは「タイタンの戦い」。

Taitan

実は、オットはすでに一度レンタルしていて、一人で2回くらい観ているとのこと。はずれなしだし、もう一度観たい!ということで、再度レンタルしてきてくれた。

【amazon.comによるあらすじ紹介】
神とは、人間を守ってくれる存在ではなかったのか?あろうことか、ペルセウス(サム・ワーシントン)は、愛する家族を神に殺される―。
時は古代ギリシャ世界。神の王であるゼウス(リーアム・ニーソン)を頂点に、神々が君臨していた時代。ゼウスは人間を創り、彼らからの崇拝と愛を糧に不老不死を保っていた。
しかし、傲慢で自分の欲望を満たすためには何でもありの神々に、人間は反旗を翻すようになっていった。神と人間の争いは日常と化し、漁師を営むペルセウスの家族はそれに巻き込まれ、冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)に船ごと沈められたのだ。

オリンポスの神殿では、人間と和解しようと主張する12神と、それを拒むゼウスが対立していた。そこへハデスが現れ、人間を懲らしめる時が来たと進言、その役を任せてくれと申し出る。弟のゼウスに冥界へと追いやられたことを恨むハデスには、密かな企みがあったのだが、怒りで我を失ったゼウスは、ハデスの提案に乗ってしまう。
かねてより神々を侮辱していたアルゴス国の国王と王妃の前に出現したハデスは、10日後の日蝕の日に海の魔物にして、無限大の大きさを誇るクラーケンを放ち、都を滅ぼすと宣言する。ただし、王女アンドロメダを生け贄に差し出せば、破滅は逃れられると―。

神々と互角に戦える男は、ひとりしかいない。神の血を引くペルセウスだ。ペルセウスは、家族の仇を討つために立ち上がる。

あくまで人間として。世界の存亡をかけた戦いの行方は―?

すごーくおもしろかった!
でも、一度観ただけでは、神と神との関係やら、神と人間のことやら、把握しきれないことが多いかも。ワタシも、一通り観おわった後、もう一度冒頭のナレーション(による背景の説明)をよーく聞いて、分かった・・・という感じかな。
「神」が意外にひどくて、感情的で、煩悩まみれで・・・という点が非常に印象に残った。アクションシーンはもちろん迫力があってひきこまれるが、煩悩にまみれてちょっとひどいくらいの、神の生々しい感情が渦巻いている様なども見どころアリ!

おそらく第二弾が出るだろう・・・と予想。その時は、映画館まで出向いて、3D版で大きなスクリーンで鑑賞したいな。

この第一弾に関しては、DVDで何回か繰り返し観ることを前提で、オススメ!

オットは、「CGの素晴らしさ」に、「すげー。すげー。」と感動していた。

|

« 黒めがね | Main | 「まいごのしろくま」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/49891307

Listed below are links to weblogs that reference 「タイタンの戦い」:

» タイタンの戦いのディスコグラフィー [DVD CD ブルーレイ 通販]
送料無料の通販です♪ [Read More]

Tracked on November 02, 2010 at 11:38 PM

« 黒めがね | Main | 「まいごのしろくま」 »