« 「人生2割がちょうどいい」(その1) | Main | 「人生2割がちょうどいい」(その3) »

June 29, 2009

「人生2割がちょうどいい」(その2)

この対談で特に共感できた内容の一つが、
「天職を見つけるためには何が必要ですか?」という回。

岡氏も小田嶋氏も、企業人としては決して順調だったのではなく、いろいろ挫折していたわけで。

結果的には「人から憧れられるような職業」に就いている2人が言うと「厭味になるよね」と自覚しつつ、「職業に夢を乗せるのがそもそも間違いだ」とおっしゃる。
「自己実現は職業で求めることではなく、生活で見つけることでしょう」とも。
ロックミュージシャンとか、アーティストとか、プロアスリートとか特殊な人は除くとして。

岡氏いわく
「天職なんてものはない。仕事なんだからダマッてやるべし」。
小田嶋氏いわく
「特定の職業に向いた人がいるのではない。それ以外に何もできない人間がいるのです」。

お二人の言うことがすべてともいえないし、違う見方もあるかもしれない。
でも、果てしなき「自分探し」をするよりは、楽な感じで生きやすい考え方だと思う。

|

« 「人生2割がちょうどいい」(その1) | Main | 「人生2割がちょうどいい」(その3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/45467635

Listed below are links to weblogs that reference 「人生2割がちょうどいい」(その2):

« 「人生2割がちょうどいい」(その1) | Main | 「人生2割がちょうどいい」(その3) »