« 「R25」ロング・インタビュー | Main | もう飛んでいる!? »

February 09, 2009

システム入れ替えはいつも強引に

日本システムアドミニストレータ連絡会」というところに
一応所属しているワタシ・・・。

もっと勉強会に参加しないといけないと思いつつ
ご無沙汰してしまっているのだが。

この会はメーリングリストを使ってメンバー間で活発に
やりとりしている。
メーリングリストはほぼROMなワタシだが、
メンバーの意見交換には関心させられることばかり。
そんな状況なのだが、あるメンバーの方の最近の発言と、
その問題提起への回答にワタシは注目している。


「職場がOffice2007に一斉入れ替えへ。Office2007への
スムーズな移行法は?」

オフィス2003とのユーザインタフェースの大きな違い、
当面は互換性を意識したファイルの作成や保存を考えるべき
ということ、入れ替えメリットはそんなにないよ・・・とか。
2003に慣れている人はストレスがたまる・・・とか。

その通り。ではあるけれど、結局は利用者のモチベーションを
強引にでも上げながらなんとか移行しちゃわなければ
いけない・・・というのがシスアドの役割になるのかなあ。
戸惑う利用者に共感しつつ、(言い方は悪いけれど)
騙し騙し使ってもらうように仕向ける??

移行する側としては、一気に進めるしかないわけなのだ。
会社勤務時代に移行する立場だったことがあるが、
運用面を考えれば、「この部署は2003、この部署は2007」と
いうわけにはいかないし。
(情報システム部門は先行して移行するとしても)
会社勤務時代、社内某部署が「Windowsは使わない、Mac派
だから」と言い切ったことがあり、ペーペーのワタシは
おろおろしたが、当時の上司はスッパリ!
「じゃ、壊れても何してもそちらでどうぞ。ネットワークも自前で
どうぞ。」

いろいろ問題はあるけれど、システムの入れ替えはいつも強引。
(・・・に見える。情報システム部門など関連部署は事前検討している
ハズ)
人間の力で対処していくしかない。
・・・と、ここまで開き直れるのは、会社勤務時代のごく数年間
(しかも入社後3~5年の間)に、環境の変化やらITの進展やら
政治的判断やらで会社内の基準ソフトがバンバン入れ替わった
という経験があるからかもしれない。

OSは、MS-DOS→Win3.1→Win95
ワープロソフトは、一太郎→DOS文書プログラム→ワード
表計算ソフトは、マルチプラン→Lotus123→エクセル

あの頃は若かった。
柔軟に対応できた・・・(今よりも)。

現勤務先でも、学生は現1年生からVista&Office2007。

1年生(Office2007)、2年生(Office2003)両方を担当した
ワタシも相当困ったことが多かったが、まあ、なんとかなった。
(すべての機能は覚えない前提なので。よく使うところで
変更があったところだけ理解すればいいような気がする)
 ↑ おおざっぱすぎかな?

|

« 「R25」ロング・インタビュー | Main | もう飛んでいる!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/43995769

Listed below are links to weblogs that reference システム入れ替えはいつも強引に:

« 「R25」ロング・インタビュー | Main | もう飛んでいる!? »