« リーダーシップのあり方 | Main | ケータイ変更する?? »

January 30, 2009

「理由」が書けない若者たち

引き続きレポート査読ちう。

最近特に感じることは「理由」が書けていない人(学生)が
多いこと。
自分の考えをまず述べる、それはそこそこできているが、
その考えを導き出すまでには「理由」や「過程」がある
はず。
つまり、言いっぱなしの人が多いということ。

そして、「設問」を読み取ることができない人も多い。
設問の意味がよく理解できないそうだ。

不親切なワタシは、
「設問がよく分からないので変なレポートになったと思います」
という言い訳に対して、
「設問の意図を読みとるところから試験は始まっているのです」
と突き放し。
一方で親切なワタシは、
「レポートというものはどうすれば評価されるような内容になる
のですか?」
という質問に対して、
「理由と過程について、あなたのパーソナリティやいつもの
考え方などを知らない人が読んで納得できるレベルまで
しっかり書いてあるものは、普通に考えて高く評価できる」
と答える。

「感じる」「思う」ことはできても、
「なぜそうなのか?」
「どうしてそういう考えにいたったのか?」を表現する
訓練ができていないのだろうか???

いや、ワタシもかつてはそうだったのだろうか。

ワタシの場合、中小企業診断士試験を、記述式の
時代に受験したことでこれらのトレーニングが
しっかりできた。
記述式だった時代は「設問の意味がまったく分からん!?」
という問題が何問も出たものだ。あれはいいトレーニング
だったのだなあ。。。

|

« リーダーシップのあり方 | Main | ケータイ変更する?? »

Comments

私もたぶん似たような仕事をしています。
「設問が分かりにくい」という指摘はよく目にします。私も意地悪なので、「本当にこの設問の意図を読み取っているのだろうか」という目線で評価させていただきます。

あと、文章で気になるのは、「接続詞」のないもの。接続詞がないと、思いの羅列ばかりで、展開が見えないんですよね。
まぁ、自分を棚にあげて…ですが^^;

Posted by: miki_renge | January 31, 2009 at 07:23 AM

>miki_rengeさん
大人も一緒ですね~。
書いている内容に思い入れが強ければ強いほど設問の意図から外れる傾向も。。。
冷静かつ客観的に見直すことって大切です。

>接続詞
やたら「なので」を使う若者が多いんですよ。
隣の部屋の先生は「”なので大王”がまたまたいっぱいだよ~」とお嘆きです┐(´-`)┌

Posted by: lamb_labo | January 31, 2009 at 02:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/43887358

Listed below are links to weblogs that reference 「理由」が書けない若者たち:

« リーダーシップのあり方 | Main | ケータイ変更する?? »