« 深夜のTSUTAYAにて。 | Main | ちう姉、戦場へ行く。 »

November 08, 2008

「先賢諸聖のことば 直筆の格言・名言コレクション75」

Isbn9784569700489










先賢諸聖のことば」思文閣 田中大

出版社による内容解説より・・・>

徳川慶喜、勝海舟、福沢諭吉、渋沢栄一、
吉田茂、中村天風、安岡正篤……
先人たちが遺した「書」から
現代へのメッセージを読み取る!

 『開運! なんでも鑑定団』でおなじみの
名鑑定士が、直筆の格言・名言から現代人
へのメッセージを読み解いた書。

 著者は語る。「人は誰しも迷い、悩みます。
そんなとき、大きな拠りどころとなるのは、
同じように悩み、苦しみ、しかし自分を信じて
理想を追求した先賢たちの存在ではないでしょうか。
いまこそ先賢たちの書を手軽に鑑賞し、学び、
日々の心の支えにしていただきたいと考えます」

書への造詣はまったくないワタシであるが、
(一応、高校の芸術科目の選択は「書道」。著名(らしい)
中国出身の先生に指導を受けたものの・・・ハンコまで
授業で彫ったけど・・・)
近所の書店の「経営学」本のコーナーで、なぜか平積みに
なっていたこの本に目が留まり、購入。

上記の<解説>にあるとおり、先賢方の書が示され、
そのひとつひとつに、思文閣代表の田中大氏の解釈が
ついている。

最近、本を読んでいて分かったことがある。
それは、その時の自分の心持ち、気になっていること、
要は精神状態などによって、頭に残るフレーズや
シーンが変わるものなのだな・・ということ。
先日、大学時代のゼミでさんざん読んだ「ノルウェイの
森」をあらためて読み直して、確信した。

「先賢諸聖」のことばの中で、”今の”ワタシの心に
特に残ったのは、この3つかな・・・。

1.「野に生きて花も実もあり」水上勉
 → 田中氏による、ひと言解釈は「”ふつう”はえらい」。

そして、解釈はこう続く。
「だれもが自分に合ったフィールドで、自分に合った生き方を
することこそ大切。いわゆる立身出世という価値観がすべて
ではない」。

2.「君子与其使食浮於人也 寧使人浮於人也」堀景山
 → ひと言解釈は「能書きはいらぬ、ただ働くのみ」。

「自分にとって得だとか損だとか、そんなみみっちいことでは
なく、どれだけのことができたかを問題にすべきである」。

3.「平常心是道」奥村土牛
 → 「人生に近道なし」。

「奇抜なことをするのではなく、地道なこと、目立たないことを
淡々と愚直にこなしていく。・・・実はそれが最も難しいこと
であり、大事なことではないでしょうか。この社会はそんな
数万数億の人びとのおかげで成り立っているのです」。

・・・とまあ、非常に大雑把にメモするとこのような感じ。
このほかにも、「教育の要諦」に関することばなども
あったけれど。。。

こうやって気になることばを書き出してみて、
”ワタシ”を自己分析?してみた。
やはりこの年齢になって「ふつう」レベルを常にキープ
することの難しさを痛感している。。。
そう、そんな”ワタシ”が浮き彫りになったような???

油断すると「ふつう以下」になってしまうわけだ。
ヒトというものは。
気持ちのブレも「ふつう以下」にブレブレ。
シゴトなどのブレも「ふつう以下」に雑になる。

気まぐれで手にとった本だったが、
「ふつう」でい続けることを「意識しなさいよ!」と
先賢諸聖の方々があらためて指摘してくれた・・・
という意味では、よい出会いだった本。

もちろん、すばらしい書を単純に楽しむ、という
目的で読んでもよい本だと思う。

それにしても・・・

昔のヒトって本当に字が上手でウラヤマシ~!

|

« 深夜のTSUTAYAにて。 | Main | ちう姉、戦場へ行く。 »

Comments

まったく同感です。普通であることを維持するのはなかなか難しいですね。ちょっと油断するとそれ以下になってしまう… 。欲が出れば浮いてしまう…それぞれ個人の身の丈の合った生き方をする。いつもそれを模索しています。 

Posted by: momoko | November 09, 2008 at 12:02 PM

>momokoさん
momokoさんの域でも模索中ですか???
う~む。それでは、ワタシなぞまだまだですね。
「身の丈」をどうとらえ、自分なりに消化するのか・・・自分のものさしを作ることも結構難しいと思います。
失敗しながら練っていくものなのでしょうかねえ???

書をたしなまれるmomokoさんにとっては、眺めるだけでも楽しい本だと思いますヨ。

Posted by: lamb_labo | November 09, 2008 at 01:40 PM

眺めるだけでも楽しい本。・・・この本ことはどっかの書評で見た覚えがあります。眺めてみようかしら・・・。所詮人間なんて自分の「欲」とどう戦って折り合いをつけていくかだと思いますよ。「今のままの自分で言いのか」って、いつも思っている私は、欲深い女のようです。

Posted by: momoko | November 10, 2008 at 09:05 AM

>momokoさん
書の知識があれば、もっと深く読めるのに・・・と思いつつ、ページをめくっていました。
ちなみに、各書のお値段も書かれています。。

Posted by: lamb_labo | November 10, 2008 at 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/43047788

Listed below are links to weblogs that reference 「先賢諸聖のことば 直筆の格言・名言コレクション75」:

« 深夜のTSUTAYAにて。 | Main | ちう姉、戦場へ行く。 »