« 「街角の記憶」酒井久美子写真展 | Main | アラフォー結婚 »

July 18, 2008

「「自分」から自由になる沈黙入門」

32043733









雑誌かなにかの書評で気になっていて、
ずーーーーっと前に購入。

通勤途中などにチマチマ読んでいた本。

いや~。
おもしろかった!

「自分の個性を生かそう」「かけがえのない自分を大切にしよう」
よく聞く言葉だが、それを、声高に言うことを
「自分濃度が濃い」と定義。
「コミュニケーションや交際とは名ばかりで、お互いがお互いに
自分を押し付けあっているのは悲惨な光景」とバッサリ!

「ジブン」という、アクの強い成分は小さじ一杯で十分。

・・・確かにね。

この本の中で一番心に残ったのは、
「言葉にすると、不粋」という項目。

正しいこと、それ自体は言うまでも大切なれど、
「自分の」正しさを言い張ることは、たいていの場合、
周りの人にとって有害であります。

どうしても、「正しいこと=正論」をふりかざそうとしてしまう。
でも、それは「他人のため」と思っていながら、
実は「自分のため」なんじゃないの?
という問いかけ。

「論理的に正しい議論」によってコテンパンに論破することも
品性を欠く行為。
「相手に変わってほしい」と思うのは欲と怒りの心で、その
波動をぶつけることで相手はかたくなに変わらなくなる。
反対に、この猥褻な欲望を捨てれば、相手が変わって
くれる可能性もある・・・そうだ。

うわー。
もう本当に心あたりのあることばかり。
読み進みながら、自分の日常を思い出し、
冷や汗をかき、ニヤっとするという
感覚かな?

ここまで悟った人にはなれないけれど、
たまに自分の言動を振り返るときに思い出すと
いいかな・・・と思う。
何かにイラっとしたり、自分語りばかりしそうになったら
「ドウデモイイ」と念じてみよ。

求めない」という本も売れているとか。

上昇意識が強かった時代、世代から、何かが
変わってきているのかも。
それとも現代人が疲れているだけ?

|

« 「街角の記憶」酒井久美子写真展 | Main | アラフォー結婚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/41894320

Listed below are links to weblogs that reference 「「自分」から自由になる沈黙入門」:

« 「街角の記憶」酒井久美子写真展 | Main | アラフォー結婚 »