« 銀座「かまくら」にて。 | Main | モノ思う(?)3ムスメ。 »

June 17, 2007

知的刺激を受けた土曜日

日本教育工学会6月シンポジウムに出かける。
あづい。ひたすらあづい。
Image150 Image151
場所は大倉山の
東京工業大学。
いやー。立派でびっくり。

そして広大。
駅から徒歩1分の場所に
よくこれだけのキャンパスを。。。
スバラシイ。

天気がよかったせいなのか、キャンパス内の芝生は日焼け
サロン化。寝転ぶ男子大学生が多数(安上がりに日焼け?)。

さて本題。

テーマはコレ

シンポジウム(午前の部のみ出席)の内容はなかなか参考になった。
いつもはこういう会合にあまり腰を上げないワタシなのだが
(めんどくさい・・・と思ってしまって・・・)、今回はお目当ての
発表者がいらしたので。

東工大のこの方。と
名古屋大のこの方

特に名古屋大の近田氏は、ワタシが愛読しているこの本
執筆メンバーでもあり、ぜひぜひお話を聞いてみたいと
思っていたのだった。チャンス到来!

三谷幸喜似の近田先生、期待しただけのインプットを
いただけましたっ。

以下は、忘れっぽいワタシの覚書。
ワタシにはかなり難しい内容・表現も多かったが、いつか
分かる日もくるでしょ。

・提供される事例から自分の実践を創造する。
・研究、教育、実践、プラス「統合」(知の統合)も役割である。
・「一般化」と「個別化」を往復しながら思考することを常に
意識する。
・実践をベースにするのは大切だが、論文にならないので
逃げがちだ。教育実践を「工学的に」いどうやったら整理
できるか。

|

« 銀座「かまくら」にて。 | Main | モノ思う(?)3ムスメ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/15465248

Listed below are links to weblogs that reference 知的刺激を受けた土曜日:

« 銀座「かまくら」にて。 | Main | モノ思う(?)3ムスメ。 »