« オンナ3人飯田橋で飲む | Main | 昨日の杉山。(千葉ロッテマリーンズvs阪神タイガース) »

May 24, 2006

渡辺謙さんの告白

俳優・渡辺謙さんが、自伝の中で、C型肝炎に感染している
ことを告白した。

C型肝炎は、今は亡き身内(父親)が感染・発症した
病気なので関心は持っていた。
父の場合は、小さい頃の結核の手術の際の輸血が
原因。時代が時代なのでと思っていたが、最近まで
原因となる血液製剤は使われていたのね。

それにしても、いまだにこんな薬害があるなんて。
かつてフジテレビで特集を組んでいたが、感染された
ご本人・ご家族の方々にとっては、本当に苦しい闘病だと
思う。(確か、出産時の輸血が原因になっていることも
あると記憶している)

病気なので、もちろん肉体的にも大変なのだが、
精神的にも重くのしかかる病なのだ。

「肝硬変から肝臓ガンへ」という道のりを意識しながら
生活しなければならないということ。

でも、きちんとした治療をして自分自身でコントロール
していけば、急速に悪化ということはないだろう。
これから数年のうち、画期的な治療方法が見つかるかも
しれないし。
渡辺謙さんには、60歳、70歳となっても、元気で、今とは
また違う渋~い演技を見せてほしい。

|

« オンナ3人飯田橋で飲む | Main | 昨日の杉山。(千葉ロッテマリーンズvs阪神タイガース) »

Comments

 息子がC型肝炎です。
 すでに治療法は確立しつつあります。一昨年末から保険診療で行う治療(ペグインターフェロン+リバビリン)では、60%近い著効率を有しているといわれています。
 きちんとインターフェロン治療が行われれば、そんなに怖い病気ではなくなりつつあります。

Posted by: sin | May 24, 2006 at 07:34 PM

>sinさん
はじめまして~。
そちらのブログも拝見させていただきました。

>きちんとインターフェロン治療が行われれば、
>そんなに怖い病気ではなくなりつつあります。
そうですか。今はそこまできちんと確立されてきたのですね。
よかった~。

Posted by: lamb_labo | May 24, 2006 at 08:04 PM

かかわりある業界に身をおいてるのもありますが、非常に心が痛くなる話です。

もっと色んな負担なく、ヘルスケアができる世の中になって欲しいと願って止みません。

どんな世界にも善人、悪人はいると思うのですが、1人の悪人の私利私欲のせいでめちゃめちゃにすることができる現実に葛藤してしまいます。

微力ながら、患者さんたちが心身快適な生活できることを切に願っています。

Posted by: アフロキング | June 05, 2006 at 10:26 PM

>アフロキングさん
業界で働くほとんどの人たちは、病気を治すために一生懸命なんですよね~。
社会性を保ちつつ、利益もキープしないといけない。現場でも葛藤・・・ありますか・・・。
でも、がんばってほしいと思います。

それにしても!!
厚生労働省も、しっかりしてクレ。

Posted by: lamb_labo | June 05, 2006 at 10:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/10220002

Listed below are links to weblogs that reference 渡辺謙さんの告白:

« オンナ3人飯田橋で飲む | Main | 昨日の杉山。(千葉ロッテマリーンズvs阪神タイガース) »