« 休日メニューは手作りで。 | Main | 4のつく日は・・・ »

May 03, 2006

「世にも美しい数学入門」

この世の中に数学がなかったら・・・とまでは言わないけれども。
100歩譲って、数学が受験科目として存在していなかったら。
ワタシの人生は、違う方向に動いていたかもしれない。。。
と妄想したことは1度や2度ではない。

算数の時代からワタシにとっては天敵。
受験科目に数学が入っていなければ、共通一次(おーっと、
今は”センター試験”か・・・)を受けて、国公立大学に入学し、
親孝行できただろうとか。
密かに目指していた医療関係の仕事に就けたのではないか
とか。
まあ、いつもの妄想なんだけど。

そんなワタシが、天敵と対峙する?
いや、実は、数学を専門とする方とのかかわりが今後深まり
そうな展開なのだ。
なので、今のうちに少しでも天敵(別にかかわる人が悪いわけ
ではない)を理解しよう・・・という思いで手に取った本である。

448068711409lzzzzzzz

小川洋子さんの「博士の愛した数式」は、
だいぶ前に読了している。
この本は、その小川洋子さんと、
「国家の品格」が大ベストセラーと
なっている、数学者の藤原正彦さんとの
対談で進行していく。






途中、xとかnとかfとかが出てくるところは「あっちゃー!」という
感じなのだが、全体的にはおもしろく、分かりやすい。
数学者が、ヒラメキと苦悩の末、定理を導きだすエピソードなんて
人間くさくて本当にひきこまれる。

キーワードは「美しい」。

藤原氏は「数学は美しい」を連発。
そう、美しいか美しくないかが問題なのだ。
それを基準に数学を語る。

あまりの連発ぶりに、数学=天敵と認識しているワタシですら
「数学は・・・美しいのか?」と思い込んでしまうほどの説得力!

藤原氏による「あとがき」が印象的だ。
(一部引用)

最近では、物事の価値が「役に立つか立たないか」
で判断されるようになってきた。
大学でも役に立つ学問ばかりが奨励されている。
一方で、人間の知的活動の土台ともいえる国語と
数学が著しく軽視されている。
この風潮に一矢を報いんと、高貴な学問の象徴で
ある数学の復権を試みた。

数学や文学、芸術で最も大切なのは「美と感動」だ
と思う。
これらは金儲けには役立たない。
しかし、「生まれてきてよかった」と感じさせるものは
美や感動である。
数学や文学、芸術は、それらを私たちに与えてくれる
という点で、最も本質的に人類の役に立っている。

この本は、藤原氏をはじめとする数学を愛する人と、ワタシの
ような数学嫌いのバリバリ文系の人との間に、今までなかった
一つの橋をかけてくれた。
そして、その橋の真ん中でお互いに声を掛け合うのだ。

「もっと仲良くしようよ。きっと、そこから新しい美しさが生まれる
かもしれないよ。」と。

|

« 休日メニューは手作りで。 | Main | 4のつく日は・・・ »

Comments

まさに、私好みの美学です。

Posted by: ちよ | May 03, 2006 at 12:20 PM

>ちよさん
コメントありがとうございます。
ゆうちゃん&とらちゃんもお元気ですか?

>まさに、私好みの美学です。
あとがきの部分、まさに現在の社会に対して言っているような・・・。
「最も本質的に・・・」のくだりは思わず身震いしちゃいました!

Posted by: lamb_labo | May 03, 2006 at 04:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/9878301

Listed below are links to weblogs that reference 「世にも美しい数学入門」:

« 休日メニューは手作りで。 | Main | 4のつく日は・・・ »