« 「家政婦は見た」を見た! | Main | 簡単おやつ作り »

March 07, 2006

介護疲れの末の悲劇

伯母がひどくショックを受けているというので、理由を聞くと・・・。

このニュース。。。

被害者が伯母の幼馴染らしい。
8ヶ月前くらいに会ったときは元気だったそうなのに、
ニュースでは寝たきりとのことだった。

80歳の妻を殺した84歳の夫。
すでに連れ添って60年近く。

歯科医の元に嫁いだ被害者の女性は、幼馴染の中でも
裕福な生活をし、子供が跡を継いでくれ、「一番幸せだね」と
周囲は皆思っていたという・・・。

う~ん・・・。
ヘルパーさんとか、どの程度使っていたのかは分からないが、
経済的に、介護をどこか(誰か)に依頼できなかったという
ことはないと思う。
介護する方の心のケアの問題か。。。

ワタシがもし要介護者を抱える身となったら、真に愛情を持って
介護できるのかなあ。
かなり心配。

まあ、今から心配しても仕方のないことだとは思うけど。

|

« 「家政婦は見た」を見た! | Main | 簡単おやつ作り »

Comments

こんにちは。

>ワタシがもし要介護者を抱える身となったら、真に愛情を持って介護できるのかなあ。

この部分、共感しました。
介護は育児と対比して語られることも多いですが、育児は先が見えても、介護は先が見えない(=死につながる)から、精神的に参ってしまいますよね。
でも、まだまだ、「家族でやるもの」という意識が強いですよね。

Posted by: miki_renge | March 12, 2006 at 08:15 AM

>miki_rengeさん
介護は終わりなき戦いという感じですね。

> 「家族でやるもの」という意識が強いですよね。
そうなんですよ。
結局、こうなった後も、事情も分からないのに「子供たちはナニをしていたんだ」ってことになりがち。

このご家族は町会の方々とあまり交流もなかったようなのですが、コミュニティで結構サポートできることもあるのではないかと思ったり。
法律や制度とはまた別に・・・。

Posted by: lamb_labo | March 12, 2006 at 11:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/8986432

Listed below are links to weblogs that reference 介護疲れの末の悲劇:

« 「家政婦は見た」を見た! | Main | 簡単おやつ作り »