« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

・・・宣伝です。

匿名blogにしておいて、都合のよいときだけ告知を打つ・・・
なんて、江戸っ子のワタシとしては無粋な気もいたしますが。

共著者がPRにがんばっている今日この頃、ワタシだけ
何もしないというわけにはいきませぬ。

というわけで。

「人材コンサルタント奮闘中!西川君の提案書」同友館刊
という本が出版されています。
ワタクシは編著者で、全体ストーリー構成などをとりまとめ
ております。

ビジネス書ですが、小説仕立てです。
他の執筆者の方々は立派なコンサルタントですが、
ワタシだけは気分は小説家か脚本家。
内容よりもむしろ構成・ストーリーを考える方にノリノリでした。

ご興味のある方はぜひご一読を!

ずうずうしくも言わせていただければ・・・

Continue reading "・・・宣伝です。"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 25, 2006

オールナイトスケート

オールナイトでオリンピックのスケートを見た・・・と
いう方もたくさんいらっしゃることでしょう。
イナ・バウワー。すばらしい。
カラダの硬いワタシは、床の上で寝転がった状態ですら
できませぬ。

スケート、と言えば思い出すのが「オールナイトスケート」。
大学時代の自由参加行事でこんなのがあったのだ。
会場は品川プリンスホテルスケートリンク。
わざわざバスに乗って富士急ハイランドまで行ったことも
あった記憶が・・・。

何をするわけでもない。
ただ、オールナイトで自由にスケートをすべるだけ。
ただ、それだけ。
意外にも参加者は多かったなあ。
まあ、お金も遊ぶところも今より少ない時代ですから。
(かといって、あまった時間を勉強にあてる、という
心持は一切ナシ!)

寒かったけど(特に富士急ハイランドは・・・)、楽しかった。
平和な行事だよなあ。

本日の日経新聞によれば、スケーターをめぐる環境は
悪化の一途とか。
経営難で名門スケートリンクも閉鎖が相次ぎ、世界を
目指すプレイヤーは、よい環境を目指してアメリカへ・・・。
ワタシたちが楽しんだ品川プリンスも今はスケートリンクは
ないようだ。
育成には環境が必要で。
でも、経営が成り立たなくては環境が整えられない。
それなのに、メダルを期待する・・・。
どこかを軌道修正しなきゃ、うまくまわらないでしょ。

Continue reading "オールナイトスケート"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 20, 2006

パブリック・スピーキング講座補講

19日(日)、10月の「パブリック・スピーキング講座」の参加者
有志で、補講を行った。
10月にお世話になった、元NHKアナウンサーの
小沼先生に、わざわざ時間をとっていただく。

10月に実施しきれなかった演習を、復習もかねて行い、
知識と実践を定着させることが主旨。
特に新しいことを習うというわけではなかったにもかかわらず
もう全然忘れてしまっていて、ダメダメなワタクシであった。

この春新社会人となる最も若手のEさんは、先生も驚くほどの
模範解答ぶりですばらしかった!
聞けば、10月にいただいた資料にきちんと目を通してから
来たとのこと。
何事にも「準備」「計画」が大切なのだ。
分かっちゃいるけど、明日・あさっての仕事の準備も未完
のワタシ・・・。

以下は自分用のメモ。

Continue reading "パブリック・スピーキング講座補講"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

春近し。

花粉の飛散も本格化?

V6010632 郵便局に忘れないで~。

Continue reading "春近し。"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 17, 2006

堺筋本町グルメ情報

日帰り出張。

今回は、打ち合わせで「堺筋本町」というトコロに・・・。
東京でいえば、日本橋とか人形町っぽいところだな、と思いつつ。

打ち合わせ開始時間にちょっと遅れた、Oさん&Kさんが、手土産
として、近隣では有名らしい「アイスクリン」を買ってきてくれる。

「ゼー六」
http://www.jtb.co.jp/kokunai/Sight.aspx?bookid=A4001620&categorytype=4
ここのオヤジさんは80歳くらい???
いい味を出していたらしい。うーん、話してみたい、一度。

そして、打ち合わせをした会社の方も、負けずに?近隣では有名
らしい、釜焼き手作りシュークリームを買ってきてくれる。

「濱田屋」
http://www.hamadaya.ne.jp/index.html

打ち合わせをしている時間より、オヤツを食べている時間の方が
長かったと感じたのは気のせいか???

Continue reading "堺筋本町グルメ情報"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 11, 2006

「ドラッカーの遺言」

2005.11に亡くなった、ピーター・F・ドラッカーが、同年7月の
取材に答えた最後の発言集。

今まで読んだドラッカーの著書の中で(とはいえ、そんなに
たくさんではない・・・)唯一、
「読まねばならぬ」
発想でなく
手に取った本。

非常によい。

本屋では、経営学の棚に置かれていくのだろうが、むしろ哲学。
ネット上の書評などでは、「ドラッカーの他の本と比べて読み
やすいので」とか「ドラッカー入門として」とか書かれていたが、
それは疑問。
余白の多い本は、奥は深いし、難しい。
分厚い理論書なんかより、ずっと難しいと思うけど。

まあ、それはそれとして、ワタシのようなコンサルタントの端くれの
さらに末端にいるような者が、とことんじっくり読むべき内容なんだろうな。
こういう「志」でいくんだ・・・とか。
いやいや、いわゆる一般の会社員や主婦、学生さん、教師その他
専門職の方など、仕事を問わず理解できる内容だと思う。

意外なほど、普通感覚のドラッカー大先生。
失礼とは思うが、ワタシが普段考えていることや「こうありたいよな」と、
ぼーっと思っていることと重なることが多々あった。
・・・ということは、ドラッカーさんはやっぱり普通感覚なわけだ。

一番印象に残った「遺言」は・・・

・(新しい時代をどう生きるべきか、の問いに答えて)
 「私は人々に行き方を教えることはできません」

こういうことをはっきり言えるヒト、大好き。
自分で考えろということだ。

その他、目に留まった言葉は・・・

Continue reading "「ドラッカーの遺言」"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 10, 2006

料理教室覚書(2006年2月9日分)

■本日のメニュー■
お豆腐のお鍋(豆乳仕立て)
こんにゃく焼きおにぎり
一口ヘルシーラザニア
納豆の和風カルパッチョ

■先生のコメント■
ガラスの皿は下が素通しになってしまう!
納豆を他の小さな器に盛った上でガラス皿に
のせると落ち着く。
 ↑ なるほど!!!

■感想■
マットの重ね方がワンパターン化している・・・。

V6010446 V6010444

V6010445

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2006

昔話。

日曜日は、大学時代の友人の家に女4人で押しかける。

お目当ては、非常にかわいい赤ちゃん(女の子)。
まだ4ヶ月。電動ゆりかごの中ですやすやとお休みだった。

妙齢の(というにはあまりにも?)女5人が集まって、
行くつくところはそれぞれのダンナのネタか、昔話。
大学時代の話しに花が咲く。

特に、携帯電話がない時代ゆえに生まれただろう過去の
エピソードは感慨深い。

大雨の夕方。
Aちゃんの当時の彼に、学校まで車で迎えに来てもらうことに
なったところまではよかった。
が、渋滞に巻き込まれ(たらしく)、校門で延々待ちぼうけした
こととか。
Aちゃんめちゃギレしてたっけ。

お家が厳しく、女子学生会館に入館していたBちゃん。
コンパで会館の門限に間に合わず、寮長?に「明日までに、
成人の人の署名捺印の入った遅刻届けを持参せよ!」と言われ。
わが家にやってきたもののワタシは学校だかバイトで不在。
なんと、たまたまウチに来ていた叔母に、玄関先で署名捺印を
もらって帰った話しとか。
(当然、ワタシは帰宅後知ることになる・・・)

携帯とかメールとかのない時代がゆえの思い出。

最近の大学生は友人とどんな思い出が作れるんだろう?
10年後、20年後、どんな風に笑って話すのかな?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 04, 2006

子育てって難しい。

いや、ねこの話しです。
ゴメンナサイ。

最近のワタシの最大のテーマ・・・それは子育ての難しさ。
ご縁があって、3匹のムスメたちと暮らすようになったのは
いいのだが・・・。

■姉:ちう(白い子)■
V6010410 今、一番の困ったちゃん。
何よりも神経質で、発情期を迎え、
イライラはスパーク中。
鳴くとかだけだったらいいのだが、
元来の気質+イライラ
で、吐いたり食欲が減退したり。
そのたびに、えさを工夫したりしてはいるものの。
心配をかける子。手のかかる子。

■妹その1:ゆう(白+茶系のブチ)■
V6010415 大騒ぎする子。
えさをもっとくれと泣き叫び、
おもちゃを取れと泣き叫ぶ。
カツラをかぶったような
お笑い系の顔にもかかわらず、
一番賢く、えさやおもちゃの
隠し場所を知っている。
人間の動作を見て、何がどこに
あるのかを把握している。

■妹その2:だい(キジ)■
V6010405 暴れる子。キカン坊。
爪きりが大嫌いで、オットと
真剣にケンカしている。
一つのことに目がいくと
見境がなくなり、水やリモコン、
本など蹴散らかして走り回る。。。

性格さまざま。
叱り方だって、それぞれに効果がある方法と
ない方法がある。
本当に難しい。

オットに言わせれば、ワタシは
「心配しすぎ」
そういわれても、心配はつきない。
「おおらかに育児を!」と思っても、ついつい心配で。

もし、ワタシに人間の子供がいたら、すごい心配性の
母親になっていたのだろうか?
医者や教師を困らせる問題母になっていたかもしれ
ない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 03, 2006

お約束の恵方巻き&韓流

V6010633

節分のお約束です。
といっても、東京エリアで
広まったのは、ここ2~3年。
バレンダインデーといい、
すごいマーケティングだ。。。

個人的には、地下鉄駅ナカに
あるローソンの店員さんが、
表に出てきて、
「私に豆はぶつけられませんが、まるかぶり寿司は店内に
ご用意させていただいております!」
と、意味不明なことを叫んでいたのが印象的だった。
え~っと、ラフォーレ原宿のバーゲンにおけるショップ
スタッフ(←ハウスマヌカン?)を思い起こさせる行動だった。

さて、昨日は、同業資格の同期取得の方とお食事。
その方(Oさん)は、写真家でもあり、個展も開催した
(残念なことに風邪ひいていて見にいけなかった・・・)
新宿ゴールデン街の韓国料理屋でカムジャタンを食し
ながら、仕事以外の話しを脈絡なくし続ける。
それが楽しい。。。

仕事以外の話しを、同業者とできるということに、
何より幸せを感じる。
えっと・・・同業者なのに、仕事以外の話題で盛り上がれる
と言った方が分かりやすいかな?
学歴が高くても、優秀でも、キャリアが華々しくても、
話題の方向性が決まってしまっている人との会話は
楽しくない。
同業という土台が共通でありながら、そこから展開する
話題やその人が興味を持っていることで、人間性の
一端、そして深みが見えてきたり。
逆をいえば、ワタシ自身も「話していて楽しい人」で
ありたい・・・。

映画(特に邦画)、音楽、ドラマ、Oさんが”お客さんに
連れて行かれた”←ココ、強調してた キャバのお嬢さんとの
会話について・・・などなど。
ワタシからは、「女王の教室」を大プッシュしておいた。

さらに、行ったお店。
周囲はかなり怪しげだが、カムジャタンがかなりうまい!
カムジャタンに入っている肉は骨だけで食べるところはないと
今まで思っていたが、骨の周囲にある程度肉がついている!
それがかもしだすスープ、そして、頼まなくても勝手に出てくる
キムチにナムル、ウマー♪♪

ついでに韓流について。

Continue reading "お約束の恵方巻き&韓流"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 02, 2006

アカギ。

488475574X

(amazon.co.jpより画像お借りし
 ました)

オットが非常に熱心に見ている
アニメ「アカギ」。

闇麻雀の話しらしいが、まあ、
付き合わされて見ていると、
なかなかドキドキしておもしろい。

ワタシ達は、大学時代に麻雀をやらなかった世代
だと思う。
(すでに、学校のそばに雀荘はなかった)
麻雀やっていたのは一つ前の世代と思われる。

今後、雀荘って経営が成り立つのだろうか?
ネットゲームみたいな形態を使えば、なくなってもおかしくない
ような商売かもしれない。
でも、顔をつき合わせてやらないと、臨場感がわかないもの
なのかな?

ちなみに、よく一緒に仕事をする大先輩は、サラリーマンには
ならずに「プロ雀士」になろうとして、お父さんにぶっとばされた
とか・・・

オットに、
「で、分かるの?ルール?」
と聞いてみたが、よく分からないらしい。
それでも、アカギはおもしろいとか。。。
しかし、アカギの闇麻雀。
負けると血を抜かれていくって、すごいルールだ。。。

Continue reading "アカギ。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »