« 1週間目の検診 | Main | 料理教室覚書(2005年5月12日分) »

May 11, 2005

同業者の訃報

昨年の秋以降、以前のクライアントさんや同業者の訃報を
よく耳にする。
つい昨日も、同業者がお亡くなりになったという知らせが
MLで来た。
ワタシどもの同業者は、最近若い人が多くなったとはいえ、
やはり年齢層は高い(ベテランの方が多い)ので、やむを
えないといえばそうかもしれないが。。。
平均寿命前に逝ってしまわれると、それはやはり残念。
奥様は、「仕事にすべてをささげた人生でした」とおっしゃ
っていたそうだ。

そういえば、ちゃんこの会合のときに話した、やはり同業者
の方々。
大病やストレス性の病気などを患ったりしたことが
転機となり、仕事との付き合い方が変わったとか。
それまでは、とにかくがむしゃらに・・・という生活だった
ようだが。
徹夜が続いたり、家に帰れなかったり、それって人間の
生活としてどうなんだろう???
テレビや映画を見なかったり、仕事以外の本を読まなかっ
たり、それでいいのかな?

確かに、よい仕事をすることも、多く仕事をすることも
大切なんだろうけど、他に大切なこともあるんだよねえ。

|

« 1週間目の検診 | Main | 料理教室覚書(2005年5月12日分) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/4076422

Listed below are links to weblogs that reference 同業者の訃報:

« 1週間目の検診 | Main | 料理教室覚書(2005年5月12日分) »