« 少し涼しい | Main | 銀行×× »

July 24, 2004

イメージを伝えるということ

先日提案した某テキストの目次案が、
「なんか違う」とか「イメージがなんとなく違うような・・・」
という理由で保留になった。

営業に行ったK君は・・・
「先方が前の打ち合わせで話した通りのイメージで
作ってもらったんですけどねえ。」
と、何とも腑に落ちない様子。

イメージを伝えるということは本当に難しい。
「何がどう違うのか」具体的に示すのがビジネスマナー
・・・つーか、ルールだと思う。
が!都合が悪いとついつい「なんか違う」って言ってしまう
のだね~。
気をつけないと。

オットは本日夜まで会社。
舞妓さんだか芸者さんだかを作っていて、
「普通、そういう職業の人のイメージは、切れ長の涼しげな目、
たおやかな中にも凛とした感じ」だろうとふんで作ったところ、
クライアントから、

小倉優子みたいにして」

と注文がついたとか。
まあ、芸能人でたとえてくれると、分かりやすいといえば
分かりやすいか。
担当者がちょっとオタクな気もするが・・・。

|

« 少し涼しい | Main | 銀行×× »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/1040136

Listed below are links to weblogs that reference イメージを伝えるということ:

« 少し涼しい | Main | 銀行×× »