« 最初に紹介する本 | Main | カレーの会 »

June 16, 2004

なんだかイヤな世の中になりました。

おばの簡易保険(郵政公社のもの)が満期になり、
「今後の契約はどうします?」という話しが担当者との間で
出ていた。

そして、おばとワタシと話し合いの上、わがオットに保険に
加入してもらおうということに。

オットは、仕事柄不規則な生活、いかにも血がベトベトして
いそうな感じ、喫煙者であること、そして、家族歴(父がくも
膜下出血)あり。
それらを考慮すると、保険に入っていただかないと
困る!ということで。

それはいいのだが、ビックリしたのは、担当者(保険外交員
さん)に念押しされたこと。

「○○(具体的な名前)から電話があったら、”本人の意思
確認の上、契約を締結した、と言って速やかに電話を切って
ください」と言われたのだ。
最初は、意味が分からなかったのだが、どうも、次のような
コトらしい。

・営業活動が厳しくなり、内部で足の引っ張り合いがある。
・本人の確認を取っていないとか何とか言って、契約を
キャンセルさせ、自分のモノ(契約)に替えさせようという
ことをしている担当者がいる。
・なぜなら、一つ一つの契約が、次のボーナスに反映
するから。

「郵政公社を語る”詐欺”に気をつけて。」というならまだ
話しは分かるのだが。内部での足の引っ張り合いって!?

なんか・・・イヤな世の中になりました。って感じ。

|

« 最初に紹介する本 | Main | カレーの会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38638/781157

Listed below are links to weblogs that reference なんだかイヤな世の中になりました。:

« 最初に紹介する本 | Main | カレーの会 »